今日の散歩路

RSS     Archives
 

待ち遠しい梅雨明け

 
昨年の今頃にも同じような事を書いた記憶がありますが、特に6~7月は辛い季節なのです。

これは毎年の事で湿度が多くなったり低くなったり、気温が上がったり下がったりするため頭痛、食欲減退等で体調が最悪になります。

この季節が過ぎると季節にも慣れ体調も回復すると思いますが、悪い内容は年々酷くなっているような気がし、時々、「ブログの引退」を考える時もあります。

同世代の友人に聞くと、梅雨入りの季節は体調も悪くなるようで、お互いを慰めあっている次第です。

こうした体調についてネット検索すると「貧血」状態と似ておりますが、先の血液検査の結果では、そうした懸念も無く『梅雨明け』を待つしかありません。



スポンサーサイト
 

脳ドック検査結果

 
前日、病院で5月に行った「脳ドック検査」の説明を受けました。

10年前からの軟化巣(静脈性血管腫)は、少し大きくなっているものの、心配のない結果でした。
この症状は先天性が多いようですが私の場合は10年前の発見で、特に増大しない限り経過観察だけのようです。

他には脳腫瘍、脳梗塞などの懸念はなく一安心でした。

真性多血症のため、毎月、血液検査を受けておりますが、病状に必要な検査項目しか行われません。
今回の脳ドックで血液検査等も含まれており、コレステロール、HbA1cや、尿検査の結果も基準内に収まっており安心しました。



 

脳ドック検査-2

 
3年ぶりに「脳ドック検査」を受けました。

頸動脈エコー検査
右に1mm程度のプラークが確認されるも、特に問題はない。

心電図検査
左軸偏位でも、特に問題はない。

MRI・MRA
脳萎縮(すき間)は年相応で、脳梗塞等の懸念はない。

総合所見
年相応な頭部で頸部にプラーク等が確認されたが経過観察で問題なく、2-3年に一回の脳ドック受診をお勧めします。

同じ病院で検査のため以前の記録も記入してあり、前回は2014年に、前々回は2012年に行いましたが、少しずつ悪くなっていることが解ります。

3月の腹腔鏡手術前の肺、胃、大腸等の検査と、今回の脳ドック検査、今月末に予定の前立腺ガン検査で大半の健康は確認できすが、老いは何をしていても追っかけてきます。


 

脳ドック検査-1

 
3年ぶりに「脳ドック検査」を受けました。

検査の内容はMR検査、頸動脈エコー検査、心電図検査、血液検査で、詳細については後日、脳外科医師の説明が行われますが、送付された検査結果は次のような内容でした。

まず、血液検査は持病治療で、毎月採血結果票が渡される項目は省略します。

脂質関係
中性脂肪159mg/dl)(検査した病院の基準値30-149)のため、少々、増加
総コレステロール209mg/dl(130-219)で、範囲内、
HDLコレステロール70.3mg/de(40以上)で、問題なし
LDLコレステロール 117mg/de(65-139)で、範囲内
このため、LH比は 1.66のため、まあまあ

糖尿関係
血糖値 110mg/dl(70-109) 食事後、1時間後の測定のためか?
HbA1C 4.8%(4.6-6.2) で、範囲内

尿関係
糖・蛋白・潜血・尿中ケトン体は、何れも(-)


 

健康診査

 
4月に市から「健康診査」・「がん検診」のお知らせがありましたが、今年は「健康診査」と「前立腺検査」だけの検査を予約しました。

今年の3月に胆石症のため胆嚢の摘出手術時の事前検査で、肺のレントゲン検査、胃内視鏡検査、心臓の超音波検査、大腸内視鏡検査、心電図等の肺から大腸まで行ったので、ほとんどの検査は「パス」することにします。

したがって、手術時に検査を受けなかった前立腺検査と、近日中に「脳ドック」の予約を行う予定です。

私は、あまり長生きには拘りませんが、生きている間は自分の事は自分で行えるような身体を維持したいと思っております。


プロフィール

春駒

Author:春駒
リンクフリー






検索フォーム



ブロとも申請フォーム