今日の散歩路

RSS     Archives
 

イギリスのマンション火災③

 
イギリスの火災になったマンションをテレビで観た限りでは、階段は屋内に1ケ所しかなかったようです。

日本では火災が発生するたびに消防法も強化され使用目的、高さ、面積が一定以上の建物は複数の『避難階段』が必要です。

私が住むマンションも2ケ所の外部階段と1ケ所の屋内階段があります。
この間、久しぶりに屋内階段を利用したら、強制的に何ケ所か扉が開いた状態になっており事務局へメールしました。(その後、正常になりました)

扉を開けておくと階段への出入は容易になりますが、本来の避難階段の役目が果たせなくなってしまいます。

屋内用の避難用階段は火災発生時でも煙の侵入を防ぐため常に扉は閉まっていることが必要で、開けておくと階段が煙突のようになり、避難に支障を来たしてしまいます。



スポンサーサイト
 

イギリスのマンション火災②

 
テレビの画面から想像できることは、壁面の素材が簡単に燃え日本のように法律での規制が少ないものと思われます。

また、日本では一定の床面積以上で、病院やホテルなどの不特定者が利用する建物や、31m以上の高さのマンションもスプリンクラーの設置が義務付けられております。(地域や条件により異なる場合もある)

ネット検索すると「11階以上のマンションにスプリンクラーが必要・・・」と書かれている場合もありますが、階数ではなく建物の高さで決まっていると記憶しています。

事務所ビルなどは天井懐が必要のため9階建てが31mになり、マンションでは一定の居室の高さの確保を考えると11階程度が建てられるものと思われます。(居室の高さは法的に2.1m以上必要)

イギリスは高さが30m以上のマンションにスプリンクラーが必要のようですが、焼けた建物は法律が改正前の建物だったのかも知れません。

日本は30mではなく建物の高さ規制が半端な31mなのかと言うと、日本独自の歴史があるそうです。

昔は尺貫法を使っており、100尺規制から31mの高さ制限になったと聞いたことがあります。

つまり、100尺は約30.3mで、31mに決まったという経過です。



 

トラップを通過し臭いが・・・

 
建物の排水菅から逆流する臭いを防止するため、色々なトラップが設置されていることは過日に書いた通りです。

しかし、このトラップを逆流して強烈な臭いに遭遇したことがあります。

まだ現役で某ビルに勤めておりましたが、5階のテナントから「トイレが異常な臭いがする」と連絡があり、次々と6階、7階の人達から同じような訴えがありました。

現場に駆けつけるとシンナーを含んだ強烈な臭いを感じ、6・7階のトイレでも同じような状態でした。

下の階が怪しいと思い4階の人達に聞くと、「始末に困りシンナーをトイレに流した」と『自供』する人を確認し一件は落着しました。

シンナー類は揮発性が強いため、トラップを通過し臭いが上昇し拡散したものと思われ今後は流さないよう注意しましたが、場合によっては発火などの危険もあるはずです。

なお、「トラップ」の用語は排水管関係の他に、『ハニートラップ』やサッカーでも使われております。

 

トラップの役割

 
排水管から室内へ臭いが逆流や害虫の侵入防止には、皆さんご存知のように「トラップ」という器具が取り付けられております。

s-DSCF8771.jpg
洗面所のトラップ

トラップも用途に応じワントラップ、Sトラップ、Uトラップ、ドラム式トラップ等がありますが、何れもトラップの中を水封し、室内に悪臭が入らないような構造となっています。

これは、マンションでも戸建ても同じですが特にマンションの場合は排水が流れ良くするために別に通気菅を設備し、菅を屋上等に伸ばし空気を取り入れるようになっております。

戸建住宅の場合は、2階にトイレがあると通気菅が設備されているはずです。

キッチンや洗面所は、扉を開ければトラップが確認することは可能ですが、トイレ、浴槽、洗濯機バンは一体となっているため、簡単に見えないこともあるようです。

夏に幾日も留守にした場合は排水がなされないため、「水封」が切れて臭いが室内に充満し、衛生害虫が入り込む場合がありますので注意が必要です。



 

風呂の排水が・・・

 
土曜日の夕暮れに浴槽の水栓を抜いて排水を始めたら、何と半分少々しか流れ落ちず、残りは排水口にゴミが詰まっていなくても、浴室の床面に溜まり始めました。

入居後、初めての出来事に少々驚きました。

排水立菅が詰まったと思いましたが、暫くするとスムーズに流れ始めました。

これは、10階建てのマンションでも10個の風呂の排水を同時に行うことは想定せず、その何パーセントかが同時に排水しても耐えられる排水管の設計・施工が、想定以上の住戸が一斉に風呂の排水栓を開けたのが原因ではないかと想像しました。

浴槽の水を縦の住戸の多くが一斉に排水すると、1階の住戸などは水量の関係で溢れるのではと心配しネット検索したら、1階の排水管は上の階とは別系統にして逆流を防止しているマンションが多いようです。
納得。

プロフィール

春駒

Author:春駒
リンクフリー






検索フォーム



ブロとも申請フォーム