今日の散歩路

RSS     Archives
 

②介護離職問題

 
政府は「介護離職ゼロ」を掲げておりますが、働き盛りの人たちの年間介護離職は10万人にもなるようです。

もし介護離職すれば自分の老後の経済的な柱である定年までの収入と退職金などを失い、介護は終わりが読めず高年齢での再就職は困難になり将来の年金支給も減額となります。

ある大手会社の調査では数年先には社員の80%が親の介護が必要になり、介護問題は個人だけでなく企業や国にとっても避けて通れないようです。

「介護も初動」が大切で、家族が介護状態になった時にパニック状態に陥らないように「防災」のような「初動知識」が大切と言われておりますが、そのためにも介護に関する知識を少しでも持っていることが重要のようです。


にほんブログ村
スポンサーサイト
 

①「介護」は突然やってくる

 
先月の始めに、東京新聞Webに『介護・初動ハンドブック』の応募申し込みがあったので、手続きをしたところ送られてきました。

s-DSCF7618.jpg

まったく「介護」に関係ない人たちにとっては、「高い介護料を取られている」認識しかないと思われがちですが、ほんとうに介護は突然やってきて生活様式が今までとガラリと変わってしまいます。

冊子は働き盛り世代の「早期の介護離職・深刻な介護離職」を予防するために纏められており、家族の介護が必要な人も今は必要でない人も必見かと思われます。
今後、この冊子の内容を簡単に紹介します。

東京新聞・介護初動ハンドブック


にほんブログ村
 

「サントリー」のトマト苗を植える

 
ホームセンターでプランタに次に植える野菜を迷っていたら、「サントリー」のトマト苗があったので買い求めました。

s-DSCF7614.jpg

サントリーは2008年から野菜の苗を発売しているようですが、その前後に知り合いの農家から100坪ほどの畑を借りていた頃に何かで知り、応募したらトマトの苗が抽選で当たり栽培したことがあります。

当時は「甘い」という触れ込みでしたが思ったより甘くなかった記憶がありますが、あれから8年も経過しており技術開発も進んだと期待しております。

なお、植えた苗は大雨や急な寒さから守るためビニルで覆っておきました。

サントリートマト・純あま


にほんブログ村
 

健康診査・がん検診

 
今年も「健康診査・がん検診」のお知らせが市から届きました。

s-DSCF7612.jpg

「がん検診」といっても簡単な検査ですが、やらないよりやった方が良いと考えて毎年受けております。

市が行う集団検査は費用が安い反面、予約が取り難いため多少は高くても指定医院で受けようかと思っています。


にほんブログ村
 

やっと、と云うか・・・

 
やっと、と云うか。
やはり、と云うか。
2020年東京五輪・パラリンピック大会のエンブレムが「A案」に決まったようです。

先に「A案・B案・C案・D案」が発表された時に、某ニュースで「関係者の間ではA案が有力のようで、一応、国民の声も聞くことになった」の記事を読んだことがあります。

また、4月10日付けの「日刊ゲンダイ」は、東京五輪新エンブレムに「A案で決まり」説という記事を載せておりました。

日刊 ゲンダイ

元審査員の平野敬子氏はブログで「A案ありきのプレゼンテーション」だと指摘し、ネットでは「出来レース」という声が頻出しておりました。

昨日の正式発表の数十分前に某テレビでは「A案に決定」の報道があり、関係者から漏れたようで「犯人捜し」が盛んになるのでしょうか。


にほんブログ村
 

災害に備える-(6)

 
災害が発生した場合の「自助」は根本的なことですが「互助」も大切で、地域やマンション住人で事前に相談しておく必要があると思います。

まず、自分の場合は天災地変が発生しない限り住んでいるマンションが最も安全な場所のため「自宅避難」が最適と思われますが、大きな水害が発生した場合は1階の居住者の避難先が必要で、すべての人を他の階の集会室に避難させることは無理でしょう。

通常は「指定された避難場所」でないと救援物資が届かない恐れがあるため、「自宅避難」の場合は事前に管理組合が市当局と折衝しておく必要があります。

次に「指定された避難場所」から1,000人近い「自宅避難者」の物資を運ぶ工夫が必要で、車が使えないことを想定し「リヤカー」や「小舟」と「胸当付胴付長靴」等を管理組合で買い備えておく必要があると思います。

食糧や水などは各住戸で備蓄している場合もあるかと思われますが、管理組合で積極的に呼びかけ「指定された避難場所」か「自宅避難」かもあらかじめ合意しておくことが大切ですが、残念な事にこうした取り組みは当方はまだまだ弱い面があります。(完)


にほんブログ村
 

災害に備える-(5)

 
「熊本地震」は、現在でも終息する兆しは見えず先行きの不安が増すばかりかと思われますが、私も昭和34年(1959年)9月26日に上陸した「伊勢湾台風」の被害者で、命を左右される被災地ではなくても1ケ月前後も浸水が続いたものです。

当時と今では何が違うかというと「支援」でしょうか。
阪神淡路大震災、東北地震、そして直近の熊本地震も行政の支援やボランティアは当たり前に行われておりますが、伊勢湾台風当時は被災地域でも異なったかも知れませんが「自助」は当たり前だったようです。

だいぶん日にちが経過してから「支援物資」を受け取ったことがありますが、中身は臭いのする古着ばかりで最も印象的だったのは出征兵士に送られた激励文が書かれた日章旗で、ほとんどの「支援物資」は掃除用として使いましたが、国旗だけは配布した人に返した記憶があります。

現在は、被害に遭っても公的支援やボランティア活動が当たり前のように行われますが、「自助」は昔も今も必要なことではないかと思われます。


にほんブログ村
 

災害に備える-(4)

 
災害等に備える主な備蓄品を画像で紹介すると次のとおりです。

湯や水に浸して食べる食品
100.png

栄養分も豊富なカロリーメイトで、おやつ代わり食べたら追加
101.jpg

水は80リットルを保存
102.png

排尿・排便問題が重要かも(セット)
104.png

ビニルを便器にかけ排便・排尿後にセットの粉末をかけるとゼリー状になるため、黒のビニル袋に入れベランダ等に置いておく
105.png


にほんブログ村
 

災害に備える-(3)

 
災害の発生では「自助・互助・公助」努力が必要と言われておりますが、出来るだけ自助努力が必要と考えられます。

例えば各市町村の食糧備蓄は、住民の1食分しか保存されていないと聞いたことがあり、3日~1週間分の食糧や水は「自助努力」により確保しておく必要があると言われております。

マンション住まいのため災害時も「自宅避難」を前提にして、次のような用品を箱に入れて保存しています。(水はタンクで)

食品・水・カロリーメイト・簡易トイレ・カセットコンロ・カセットボンベ・マッチやライター・手回し充電携帯ラジオ・LED懐中電器・充電用電池・電池及び携帯の充電器・サランラップ・割りばし・使い捨てコップや皿・ドライシャンプー・現金・ビニル手袋・軍手・長靴・簡易浄水器・笛・マスク・缶切り・除菌ジェル・使い捨てカイロなど

また、外出中に被害に逢うことも考慮し若干の水と食品も乗せており、前出の車両火災とは裏腹になりますがガソリンは出来るだけ満タンにしておきます。


にほんブログ村
 

災害に備える-(2)

 
「姉歯事件」の際に管理組合が一級建築士に当マンションの「平均IS値」を調べて頂いた結果、1.117でした。

国土交通省の基準ではIS値が0.6以上なら、震度6~7の地震では崩壊や破壊が少ないとなっています。

IS値と地震の関係は次の通りです。

Is<0.3 地震に対して倒壊または崩壊する危険性が高い。

0.3≦Is<0.6 地震に対して倒壊または崩壊する危険性がある。

0.6≦Is 地震に対して倒壊または崩壊する危険性が低い。


また、耐震基準は昭和56年(1981)6月1日に改正されたので、1981年6月に建築確認を受けたとしても、その竣工時期は早くて1982年夏~秋頃となり、1983年以降に竣工した建物の場合には、新耐震基準による建物である可能性が高いものの、1982年中の竣工では何とも言えないそうです。


にほんブログ村
 

災害に備える-(1)

 
熊本地震は直下型のため、いたる所でがけ崩れや地割れが生じています。

九州地方は「シラス台地」と言われ、火山噴出物で出来ていることや、「九州には地震が少ない」ことから耐震の建物が少なかったことが、被害を大きくしていると専門家が指摘しているようです。

良く災害が発生すると「想像もしなかった」等の被災者の声が聞かれますが、地震も台風災害も何処で起きてもおかしくないという立場で対応する必要があるかと思われます。

そこで、各自が置かれている周囲を分析しておくことも大切なことで、例えば私自身の環境を考えると次のようにまとめることができます。

○付近に活断層が無いため、直下型地震の発生は少ないと考えられる。

○最も近い原子力発電所は直線距離で80Kmのため、事故が発生しても被害は少ないと考えられる。

○台風はどの地域でも発生し、近年は巨大になっているため地震より懸念される。

○津波は海岸まで12Km、外海まで80Kmあり、東北地震と比較すると多少の被害があっても物が流される心配は少ないと考えられる。

○付近に山や崖は無いため、崩れの危険は皆無である。

○マンションに損傷が少なくても、ライフラインが止まることを考え対処の必要がある。

○当マンションの駐車場が建物の北側にあり、300台前後の車に10リットルのガソリンが残っていても合計3,000リットルのため、冬に火災が発生すると非常に危険である。


にほんブログ村
 

《メモリ》マヒナ・松平さんとの生写真

 
正確ではありませんが、今から30年前だったと記憶しています。
上司の行き付けのスナックにお供した時に、マヒナスターズ・ヴォーカルの松平直樹さんがいらっしゃいました。

s-9-マヒナスターズ・松平

当時はグループに問題があり歌手活動を休止されていた時代で、後々の話ではスナックの経営者とは知り合いのようでした。

当日は松平さんと我々のグループ以外の客はなく、色々と話を聞きましたが忘れてしまい、写真だけを撮ってもらった事が思い出になっています。


にほんブログ村
 

活断層マップ

 
東北地震はマグニチュードが大きかったにも関わらず建物の崩壊は少なく、逆に津波により大きな被害となりました。

今回の熊本地震は直下型のため活断層が影響し、これは過去に地震を起こした形跡があって、将来も地震を起こす可能性がある日本には2,000以上の活断層は全国どこでも大きな地震が起こる可能性があると言われております。

そこで、どこに活断層があるかは、次の「国土地理院の都市圏活断層マップ」により知ることができます。

活断層マップ


にほんブログ村
 

隣が保育園

 
「保育園落ちた日本死ね」は政府を動かすほどでしたが、一方では住民の反対で保育園の建設ができない問題もあるようです。

私が住んでいるマンションの北側には従来から保育園があり、隔てている道路幅が狭いためマンション販売業者が土地を寄付し、普通乗用車でも通れるようになりました。
(面積は1m×100mのため100㎡)

s-DSCF7598.jpg

天気の良い日は子供たちが騒ぐ声も聞こえてきますが、個人的には不快どころか子供たちの声が聞こえないと寂しい気がしますが、夜勤明けの人たちには辛いかも知れません。

ただ、親が子供を迎えに来た際に「○○ちゃん、お迎えですよー」のスピーカー音に対し、ボリュームを下げるように過去に申し入れたことがあります。


にほんブログ村
 

マンションが割れた!!

 
昨日のテレビは、熊本地震により「マンションが割れた!!」と衝撃的な放送を繰り返しておりました。

s-DSCF7604.jpg

L字型に建てられている小さい方の建物にエレベータがあるらしく、二つのマンションを繋ぐ渡り廊下には「エキスパンションジョイント」工法が施工されていたと思われます。

s-DSCF7605.jpg
当マンションは100m以上も長いため、途中にエキスパンションジョイントがあります

マンション本体が壊れないように建物が一体ではない建築工法は常識でも、色々な疑問が残るところです。

◎付近のマンションのエキスパンションジョイントは壊れたのか否か?
◎L字型のマンションの双方が異なる揺れが生じたのか否か?
◎付近のマンションと比較し、エキスパンションジョイント以外の破損状態は?

何れにしてもマンション住民にとっては気になる事柄です。


にほんブログ村
 

「もや」

 
昨日の朝、数キロメートル向こうの川沿いと思われる所に、帯状の霧のような風景が現れました。

s-DSCF7588.jpg

霧か霞かと思い、気象庁のホームページを調べたところ

霧⇒微小な浮遊水滴により視程が1km未満の状態

靄(もや)⇒微小な浮遊水滴や湿った微粒子により視程が1km以上、10km未満となっている状態

煙霧⇒乾いた微粒子により視程が10km未満となっている状態

霞(かすみ)⇒煙霧、霞などで遠くの景色がぼやけている状態で気象学用語ではない

以上の説明から「もや」と判断しました。

「ニホンゴハ、トテモムツカシイ」


にほんブログ村
 

《メモリ》花粉症には罹らないけど

 
杉花粉が終わると檜が原因の花粉症で、まだ多くの人たちが苦しんでお見えのようです。

花粉症の原因は解明されておりませんが、杉・檜が多い山村よりも都会に住む人が罹る割合が多いのは、「花粉+車等の排ガス」とも言われているようです。

私は幸いにも花粉症の襲来を受けておりませんが、あるアレルギー症状を持っているのです。

それは「ウルシ」で、子供の頃は春から秋にかけて「ウルシの気触れ(かぶれ)」から解放されたことはなく、手足、首、腹部の全体が気触れ、汚れた手で痒いので掻くため体全体に広がったものです。

ウルシは木だけでなく、1mぐらいの草に混じった色々な種類のウルシが自生し細い田舎道に伸びているため、どこでも体に気触れる状態でした。

冬は焚火にあたっているとウルシの木を燃やした煙が体に付着しいしまうため、皆と暖をとることも出来なかった記憶があります。

大人から「お前はウルシの話でも気触れる」とからかわれたものですが、当時は越中富山の置き薬にはウルシに効く塗り薬はなく、自分の治癒力に頼るしかなかったのですが、今ではウルシの木などに近寄ることもないため気触れとは縁が切れました。


にほんブログ村
 

楽しみな「パナマ文書」報道

 
話は、少々古いが、
最初は「パナマ文書」はインチキなものかと思っていたら、プーチン大が大反論し中国では「虎もハエもたたく」と豪語し反対派を粛清している習近平も右往左往し、アイスランド大統領が退陣に追い込まれ、これは凄い文書と思いました。

「パナマ文書」とは、自国に資産を置いていたら高い税金を取られる政治家や大金持ちは税金が安い国に資産を移動させておいたのがバレバレになり、これらは税法の抜け穴を巧妙に利用した「脱税」であり、刑事罰の対象にはならないにしても名前が明らかになれば、納税を免れようとする行為では社会的な信用がガタ落ちになってしまうのでしょう。

菅義偉官房長官は早速、調査に否定的な見解を表明し、マスコミもこれ以上、日本人の企業や個人名を詳しく報道することはないだろうと言われておりますが、電通をはじめ大スポンサーの名前が上がっているようです。

しかし、5月には詳しい情報が発表されるらしく、次の3社の何処かが大々的に取り上げる事を期待しています。

○朝日新聞(日本では朝日新聞のO記者が最初に取り上げたが、電通等と喧嘩でき
るのか?)
○NHK(企業がスポンサーではないが、政府の意向に逆らえないのでは?)
○週刊文春(甘利疑惑から、とにかく明るい安村の不倫疑惑まで取り上げたので期待するか)



にほんブログ村
 

寒い!!

 
昨日は北よりの強い風が吹き、続き寒い一日でした。
住まいは9階の西側のため風切り音が激しく、よけいに寒さを感じました。

キャプチャ
ネットより

今日も昨日と同様な風が強く寒いようですが、何時になったら暖かくなるのでしょうか・・・


にほんブログ村
 

≪メモリ≫ 栄養失調で生死の境をさまよう

 
終戦直後のことだったと記憶しています。

あの頃は食べることが精一杯で病気になっても薬は無く、隣の同い年の子は回虫が原因で亡くなりましたが、私も栄養失調で日に日に体が衰弱し、親に連れられ医院に出かけても、もちろん処方される薬は無の時代でした。

その後、起き上がることも儘ならず、両親は座敷に寝かせ田畑の仕事に出かけた或る日、世にも不思議な体験をしたのです。

通常は息苦しくて立ち上がる事が出来ないほど衰弱した身体でしたが、その時は、私が青暗い空を後ろ向きに膝をかかえて飛んでおり、とても爽やかで気持ちが良かったのです。

畑から帰った両親は異常を感じたのか叩き起こしたようですが、夢なら忘れてしまいますが不思議な体験は今でもはっきりと覚えており、現在なら『宇宙空間』を飛んだと言っても説明がつきますが、私は最初の宇宙飛行士のガカーリンより早く宇宙旅行を楽しんだのかも知れません。(笑)

このような状態を「臨死体験」とか「体外離脱」と言ても私には分かりませんが、一般的な夢ではなかったと思います。
それから両親がヤギの乳が良いことを聞き、遠い所から懇願して取り寄せて飲ませてくれましたが、青草臭いため簡単には飲まなかったそうです。

「両親、ヤギ、貴重な乳を分けてくれた所」のお蔭で命を繋ぐことができておりますが、蒼空を飛んだような事は両親にも家族にも話しておりません。


にほんブログ村
 

≪メモリ≫ 荷車と一緒に崖を落ちる

 
あれは、小学校に入学する直前のことだったと記憶しています。

数人の子供たちが、二十歳ぐらいの人が引く荷車に乗って遊んでいた時に、誤って10mぐらいの崖に落ちてしまいました。

初めは子供たちが落ち、そのあとに荷車が頭の上に加速をつけ追いかけるように落下したのです。

落ちて止まった所は川が流れており、子供たちの泣く声は「せせらぎ」の音にかき消されてしまい、誰もが頭や手足から真っ赤な血を流していたと思います。

それから、どのようにして助けられたか記憶はありませんが、どの子供も奇跡的に擦り傷ぐらいで済みましたが、現在なら新聞やテレビが大騒ぎされるような事故でした。

その後、事故や病気で4回ぐらい死にかけましたが、悪運が強いのか現在の齢まで息を繋いでおります。


にほんブログ村
 

≪メモリ≫昔のことは覚えているが・・・

 
高齢になると多くの人は物忘れが激しくなり、少し前のことや人の名前が思い出せないのです。
その反面、昔のことは良く覚えておりますが、いつか何れ全ての記憶が消去されてしまう恐れもあります。

人は何歳ごろの事を覚えているかについては色々な意見があるようですが、一般的には3~4歳ころからのようですが、自分は証拠が乏しいだけに自信がありませんが、記憶をたどると5歳頃だったと思います。

母親に連れられ兵隊さんを見送りに、近くの店の前に行ったことが最も古い記憶です。
もうひとつは、遠く離れた市街地の空が真っ赤に焼けていたことや、夜は電燈に黒の布をかけていた戦争時にあった事の記憶が多いようです。


にほんブログ村
 

かいだんばなし

 
「かいだんばなし」といっても正真正銘の「階段」のことです。

我が家はマンションの9階のためエレベータの利用は必至ですが、駐車場所に降りるにはエレベータを利用すると大回りになるため、一人の場合は屋外階段を使って降ります。

階段を下りるには簡単で玄関を出て降り口までが数歩で、階段を下りた近くが駐車場所のため難なく降りることが可能ですが、問題は上がる場合です。

一人の場合も、車を降りてから「今日は疲れているのでエレベータを・・・」と思っていても、自然と足が階段に向かうため気合で歩くことにします。

5階までは一気に登り少しだけ足を止めてから歩くと、7階ごろが一番つらく9階に辿り着くと「ヤレヤレ」で、135段の登ったことになり、週に3~4回は利用するため今のところ足腰は丈夫です。


にほんブログ村
 

小椋 桂さんの悩み

 
この間、病院に出かけたときに「ご自由にお持ち下さい・ラック」から、日本消化器学会発行の「消化器のひろば・春号」を頂戴しました。

キャプチャ

冊子の内容は医師と小椋桂さんの対談が主で、医師が新設する大学の校歌を小椋さんに依頼したときに、何気なく進められた人間ドックを受けた結果、ガンが見つかり胃の4分の3を取る手術を受けたそうです。

その後「人間は如何に生きるべきか」の疑問が生まれ、関心は哲学、宗教へと進み東大の宗教学科の受験を考えるようになったそうですが、実際に受験したのは法学部だったそうです。

しかし、大学では授業にあまり出たことはなく、観光会社を作ったり「人間はどう生きるべきか」を考え抜き、その結果が「生きた証に創造的な仕事をやる」ことで「生」を取り「死」を捨てる生き方で、71歳の今も歌い続けているといった内容でした。

真綿色した シクラメンほど 清しいものはない
出逢いの時の 君のようです
ためらいがちに かけた言葉に
驚いたように ふりむく君に
季節が頬をそめて 過ぎてゆきました


こんな甘い清々しい唄を作った人に深い悩みがあったことを初めて知りましたが、清々しい唄が作れるため悩みも大きいのでしょうか・・・


にほんブログ村
 

暖かくなり小松菜も成長

 
寒い間は成長が遅かったボックスで栽培中の「サラダ・小松菜」も、昨今の暖かさで一気に大きくなりました。

s-DSCF7564.jpg

もう、サラダでは食べられないと思って口に入れたところ、「サラダ・小松菜」だけあって大丈夫でした。

小松菜はミネラルや鉄分も豊富でチョウが産卵し虫が付きやすい野菜ですが、まだ心配はありません。


にほんブログ村
 

「桜散る」

 
桜散る 桜散る 雪の面影なぞる様に

桜散る 桜散る もう君が見えないほど



近くの公園へ先週に出かけたときは蕾でしたが、2~3日前は満開で、昨日は早くも散り始めでした。

桜がひとつの季節の分かれ目で、散ってしまうと何かの区切りがついたような気がします。

ン十年も同じ季節を過ごしてきたのに、桜の開花から散る時期は特別な気持ちですね。

「パッ」と咲いて「サッ」と散る潔さは、日本人でないと分からないのでしょう。


にほんブログ村
 

心が熱くなるニュース

 
(YAHOO!ニュースより)
難病と闘っている3歳の矢野秀虎(ひでとら)君は、生まれた時から定期的に輸血をしないと命を保てないそうです。

苦い薬や痛い注射に向き合うとき、「仮面ライダーゴーストになるんだ!」と変身ベルトを着けて勇気を出しているそうですが、ある日、秀虎君にゴーストからメッセージが届いたのです。

本文


にほんブログ村
 

シャープ、軍門に下る

 
シャープもホンハイの傘下となりました。
家の大型テレビから小型テレビのすべてが「シャープ」であっただけに、複雑な気持ちです。

s-DSCF7556.jpg

パソコンが一般的になる前は、シャープ製ワープロ(書院)を使用したことがあり、今では懐かしい思い出だけが残りました。


にほんブログ村
 

「歌丸さんに座布団を」

 
TBS「NEWS23」の岸井成格氏、NHK「クローズアップ現代」の国谷裕子氏に続き、テレビ朝日「報道ステーション」の古舘伊知郎氏も降板しました。

いずれも“反安倍”と目されていたキャスター達で、偶然にしては、あまりに政権にとって都合が良すぎはしないかと囁かれています。

さらに、放送行政の責任者、高市早苗・総務大臣が言論統制の“伝家の宝刀”ともいえる「電波停止」に言及し、「電波停止もありうる」の発言はテレビ首脳者を委縮させ、政権の意に沿わないニュース解説者を降板させるというやり方が続いているようです。

時の政権が政府批判者の口を封じるやり方は「戦争への階段の一歩」と言われ、非常に危険な行為であることは過去の歴史が教えてくれております。

『笑点』(日本テレビ)の司会者である歌丸さんが飛行機に乗った時に某政治家が、「テレビであまり政治家の悪口を言うなよ」とプレッシャーをかけたので彼は得意の話術で、「悪口言われるような政治家になるな」と言い返したそうです。

権力者に物を言う人が居なくなったら日本も終わりです。

「山田クン、歌丸さんに座布団を差し上げなさい!!」


にほんブログ村
 

「日本フリン党」の結成

 
「日本フリン党」を結成し党員を募集します。

総裁  乙武洋匡(皆から「エロ武は立候補に不満足」と言われました)
幹事長 宮崎謙介(周囲から「下半身にこそイク休を」と言われています)
ひら  とにかく明るい安村(安心してください!! 私も脱ぎました)


 平成28年4月1日


にほんブログ村
プロフィール

春駒

Author:春駒
リンクフリー






検索フォーム



ブロとも申請フォーム