今日の散歩路

RSS     Archives
 

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

(マンション) 全面自主管理の議論

 
昔のことですが、当時の管理会社から自主的管理に移行した時に大半の役員が「全面自主管理」を主張しましたが、私は金銭等の管理は別の管理会社に委託契約を行う考えを示しました。

しかし、一旦は全面委託が決まったものの、他の役員から異論があり後の理事会で再検討を行うことになりました。

当時は、毎日のようにマンション管理組合の他にも町内会、子供会などでの会計不祥事が新聞ネタになり、これもバブルの「後遺症」だったかも知れません。

会議では「理事長は仲間を信用しないのか?」の質問がありましたが、「これは個々の信用云々の問題ではなく、管理組合が行うリスク管理の問題」と主張した記憶があります。

そして、金銭関係は別の管理会社に委託することにしました、

修繕積立金は「すまいる・債」や、幾つかの金融機関での定期預金で保管しておりますが、金銭は絶対に間違いがあってはならない管理が必要かと思います。

金銭管理を委託しても「金銭管理細則」で印鑑は管理組合が保管し、通帳は管理会社が管理するなど、細かい管理法について取り決めております。

管理会社に支払う委託費も、数億円の修繕積立金の「保険料」のようなものとして割り切ることも必要かと思います。



スポンサーサイト
 

(マンション) 2040年までの管理費・修繕積立金の値上げは不要

 
当マンションの管理費と修繕積立金は1㎡ 130円程度で、決して多くはありません。

今後、今までと同様の管理と大規模修繕を続けても、23年後の2040年までの値上げは必要ないようです。

マンションも、初回の大規模修繕工事の際に積立金が不足し、値上げや一時的な徴収が行われる場合もあることを考えれば幸いな事です。

健全な会計は次のような理由かと思われます。

◎住戸数が多い
◎平置き駐車場が多い
◎機械式駐車場の廃止
◎自主的管理による節減
◎携帯アンテナ・自販機・古紙の回収による収入増

一般管理費の剰余金が年間で1,000万円以上もあるため修繕積積立金に廻せる事や、駐車場の収入のほとんどが積み立てることが可能です。

今後、地震などの大きな災害が発生し多大な積立金が取り崩されない限り、23年間は管理費も修繕積立金の値上げは不要という報告が総会でありました。


 

(マンション) 滞納金ゼロ決算

 
当マンションはファミリータイプと、大きな都市ではない立地の悪さから、無理した販売方法がとられ、後々の管理組合の運営に大きな支障をきたしました。

通常では不動産を購入する際は総額の1~3割程度の頭金を用意しますが、残りのローンは金融機関を利用しても、頭金や諸費用は販売会社が保証人になり借金の結果、購入した住戸の多くが大変な目にあったと言えます。

入居時期はバブル時代が終焉し、上がり続けると予想した給与が増えないどころか、勤務先の倒産等でローンが支払えず滞納が増え、最悪時には管理費や修繕積立金の総計滞納金が100万円を超えている時もありました。

数年前でも数万円の滞納金がありましたが、今年の決算報告書では初めて「ゼロ」が記載されました。

300戸近いマンションの「滞納ゼロ」は画期的なことのようで、当初の管理組合の運営に関わった者としては感慨深いものがあります。



 

(マンション) 18回目の定期総会

 
当マンションは「平成の大合併」で4ケ町村が集まって生まれた「市」にあり、周囲は伊勢湾台風後に造成された住宅と、従来からの田畑が混在する地域にあります。

戦前は紡績の寮で、その後は金属加工場の寮や工場に引き継がれ、さらにマンション開発業者の手に渡り、平成11年3月に部屋の広さが約80~110㎡の300戸近いファミリーマンションとして販売されました。

当初はデベロッパーの関連する会社が管理組合を運営しておりましたが、入居してから半年後に有志が立ち上がりデペ等と折衝した結果、入居者が主導する管理組合を認めさせました。

その後、何回も管理規約を変更し、16の細則と20以上の申請書等の様式をまとめました。

私も当初から管理組合に関係し、数年間は理事長と初めての大規模修繕委員長を経験しました。

この3月でマンションに入居してから18年が経過し、管理組合も「第18回定期総会」を終えることができました。

これから定期総会の内容と、若干の管理組合の動きについて述べたいと思います。



 

(腹腔鏡手術) 心して健康

 
私の壮年期は「バブル時代」で、月曜から金曜までは出入の業者や上司との付き合い、週末は友人と飲み歩いていた気がします。

会社の健康診断や人間ドックは定期的に受けましたが、常に境界型糖尿・脂肪肝・胃炎・動脈硬化等の黄信号が点き、「要精密検査」と指摘されても「真性多血症」以外は診察を受けたことはありませんでした。

しかし、定年後は周囲の環境も食生活も変化したお蔭で、指摘された多くの事項は自然に治癒したようです。

今回、入院してベッドで寝ながら思ったことは「健康」の有り難さでした。
若い時には無理が出来ても、年齢を重ねるほど日常生活も辛い時があります。

幸い手術前検査で首から下はもう少し「耐用年数」があることも解ったので、明日からの生きる糧にしたいと思います。

生きていれば誰でも罹病は免れませんが、早期発見・早期治療(手術)は大切なことで、今回、痛くなる前の手術をチョイスしたお蔭で『激痛回避・充分な手術前検査・緊急搬送等で他に迷惑をかけなかった』等のメリットがありました。

皆様方も健康には留意され、日常生活を謳歌してください。

以上で「胆石摘出の腹腔鏡手術」を終わります。



 

(腹腔鏡手術) 費用(1割負担)の全て

 
今回の胆嚢摘出の腹腔鏡手術関係の費用は次の通りでした。

◎手術前の検査費用 11,000円
◎入院・手術費用47,000円
◎個室費用 27,000円(税含む)
◎CS(ケア・サポート)費用 2,000円(税含む)
◎その他、腹帯等購入費等 2,000円(税含む)

合計 89,000円程度で、個室とCSを除けば6万円ぐらいでしょうか。


今回は四泊五日の入院・手術でしたが、病院によっては日帰りや一泊二日で終わる場合があるようで体力の問題があるかも知れませんが、私には四泊五日が最適ではなかったかと思います。

なお、退院に当たり次のような注意がありました。
・自動車運転は退院日から可能
・自転車、バイクは振動が強いため一週間後から
・キズの消毒は不要で、貼ってあるテープは自然に剥がれるまで触らないこと
・シャワーは可能でも入浴は一週間後から
・38度以上の発熱があった場合は、即、受診を
・退院の一週間後が診察日(診察の結果、異常はありませんでした)



 

(腹腔鏡手術) 術後の辛さ

 
手術中は麻酔が効いているため終了するまでは辛さもありませんが、術後の夜は寝返りが出来ないため腰が痛くて一睡も出来なかった事や、その翌日は腰の痛みは解消してもベッドの寝起きに一か所の筋肉しか使わないため、左肩と右の横隔膜付近が痛くなったのです。

もうひとつ辛かったことは午後10時に消灯後に入り口付近の常夜灯が点き、ベッドから目に入るため眩しくて眠れなかったことです。

そこで、ベッドの足方向のロックを外し、位置を変更することを三回続けましたが、ベッドを回転させる広さがあれば、簡単に操作することは可能です。

辛かったひとつに部屋の乾燥で暖房にすると湿度が35%になり、水分が摂れない間は唇も口の中もカラカラになるだけでなく、口内もひび割れてきたことです。

辛かったことが、まだまだ続きます。

手術後には排尿パイプがとりつけられておりますが、翌日にパイプが抜かれましたが、その後、小便がなかなか出ないのです。

手術の翌日の寝る前に看護師が「導尿をしましょう」といって、細いビニルパイプを「チ○チ○」に挿入して排尿をして貰いましたが「恥ずかしい」とも言えません。

導尿後の3-4回の排尿時には、「ヒリヒリ」と痛い思いをしました。

看護師も回診の医師も「オナラや排便はそのうち有ります」と言われましたが、オナラは退院した翌日に、排便はその翌日にありました。

腹腔鏡手術手術は簡単でも、術後の辛さは他の手術と変わらないのかも知れません。



 

(腹腔鏡手術) 手術は知らぬ間に終わる

 
金曜日の午後1時からの手術予定が大幅に遅れ、2時30分に手術室に入りました。

手術台に上がり全身麻酔が効いたら2時間後に眼が覚め、気が付いたら全て終わっておりHCU(高度治療)室に寝かされておりました。

胆石の摘出手術はヘソに穴を開け内視鏡を入れ、ヘソから約10cm上と、右斜め下10cmと、さらに10cm離した腹に穴を開け鉗子等を入れ除去したようです。

s-s-s-DSCF8542.jpg
胆嚢から摘出された石

麻酔から覚めて2時間後に家族の者は返し、その2時間後には病室に運ばれましたが、呼吸と排尿用のパイブが付けられ寝返りが出来ず腰も痛くなり、大変な夜を過ごしたことになります。

翌朝までに緊急ブザーを3回も鳴らし、点滴に睡眠剤を注入して頂いても一睡も出来ないまま朝を迎えましたが、この一夜が入院中の最大の苦痛になりました。

しかし、苦痛の夜を共に過ごしてくれたのが災害時のために買っておいた携帯ラジオで、小さな電池で朝まで「介抱」してくれたのです。(手回し充電可)

s-s-s-DSCF8547.jpg


余談ですが、この病院の手術スケジュールは次のように行うようです。

◎週の始めには脳や心臓などの大きな手術
◎金曜の午後は腹腔鏡手術などの小さな手術
従って、週の始めに手術する医師は週末の休暇になっても、金曜日に担当の医師は土・日にも回診があり、私の担当医は退院 した月曜も出勤であったし休みは水・木と推定されます。

若い医師達は簡単な手術を受け持ち、訓練して徐々に難しい手術を任されると思われ、昔の「徒弟制度」が頭に浮かびましたが、こうして努力される医療従事者のお蔭で我々の生命が繋がれているのです。深く感謝。


 

(腹腔鏡手術) 弾性ストッキングと個室

 
胆嚢手術のために入院した記録を続けています。

入院日は手術の前日の木曜日の午後2時が指定時間で、病室では色々な説明があり入浴が許可されました。

自宅マンションの浴室は外に面しておらず暖房もあるので寒くないのに対し、病院は広い・寒い・湯もぬるく満足ではなくても、辛抱第一と思いました。


そして、個室で朝(金曜日)を迎えると、いよいよ手術日となりました。

手術前に「弾性ストッキング」を履くことになりましたが、ストッキングの目的は、足に適度な圧力を与えることで、余分な血液がたまることを予防し、足の深いところにある静脈へ血液が流れるのを助けるためです。

ところが、このストッキングが苦痛を倍加したのです。

薄い掛け布団だけでは寒いので夜でも暖房が普通で、話は前後しますが手術後の夜は足が締め付けられているため身体が熱くなり、暖房も切ったので巡回してきた看護師が「寒くないですか?」と声掛けをされたほどです。

幸いなことに入院説明の時に個室を予約していたお蔭で、室温も自分の身体に合った調整ができました。

s-個室
トイレと洗面付きで10畳ぐらいの広さ

弾性ストッキングは退院の前日の昼に取り外した結果、以後は身体が寒くなり家族の者に靴下に貼るカイロを買って貰いましが、使用は当日のみで翌日からは普通の感覚に戻りました。

退院時に看護師から「ストッキングは消耗品」と言われたので持って帰りましたが、見たくもない代物です。
でも、足が冷える人は昼間だけ使用すると良いと思われます。


 

(腹腔鏡手術) 入院のための準備

 
入院手術が決まった頃から「持参物リスト」を作成し、足らない物は購入しました。

一応の物が揃った頃に、病院から出入り業者のCS(ケア・サポート)セットがあることを知らされました。
つまり、パジャマやタオル等のレンタルです。

今回はCSを利用しましたが、一日の使用料は365円(税別)で衣類は浴衣、甚平が選べ、入院中に3回着替えましたが汚れたら何回でも交換OKのようでした。

他にタオル類や歯磨きセット、ティッシュ、スリッパ等の消耗品が渡されましたが、テレビイヤホン個室のため渡されず、入れ歯セットも不要、ヘアブラシは短髪で縁がなく、CSのメリットは期待したほど無かったと考えられます。

それでも荷物は、中型の旅行カバンとペーパーバックに詰め込むほどの量となりました。

そして、入院する日が近づいてきました。



 

(腹腔鏡手術) インスピレックスでの訓練

 
すべての検査が終わった数日後に入院説明があり、執刀予定医師から手術に関するリスクの話もありました。

「群馬大学付属病院」の医療事故は難しい肝臓摘出手術であったことや、当病院での手術例などの説明を聞き安心しました。

また、手術同意書を始め多くの書類に署名・捺印を求められました。

最後にインスピレックス(呼吸訓練器具)の説明と貸出しをうけました。
この器具は手術後に正常な呼吸のため、強く息を吐いた後に3秒呼吸を停止する練習をするのです。

20170318114151915s[1]

訓練のお蔭で呼吸は問題ありませんでしたが、喫煙者などは普通でも苦しそうな人は手術をすると大変と感じました。

手術後のことですが指に「血中酸素濃度測定器具」を付けられたことが苦痛で、無意識に取り外すと看護師が取り付ける繰り返しでした。これは光センサー方式で測定し、96~99%が正常らしく私は常に98%が測定されました。

soiblue[1]
他のネットから




 

(腹腔鏡手術) 手術前検査④

 
数日前に、胆石除去のため腹腔鏡手術を行った続きです。

大腸内視鏡検査の当日は下剤を服用し入浴してから病院に行き、受付を経て検査衣に着替え検査室の前で待ちました。

暫くすると看護師の案内で検査台に上がると、賑やかな笑い声が聞こえたら検査技師(女性)の登場です。

検査技師が大腸内視鏡を遠慮なく肛門に差し込むと飛び上がるくらいの痛さを感じ、腸が曲がっている場所のカメラ通過はウメキ声が出たほどです。

カメラを奥の方に差し込みながら「痛い人は麻酔でもやれるのですよ」と優しく言われても、「やり直して」とも言えず『まな板の鯉』状態で、1秒でも早く終わることを願うばかりでした。

子供の頃にアマガエルを捕まえて麦をストロー代わりにして、カエルの尻ら入れ膨らませて遊んだことを思い出しました。(カエルさん、ゴメン)

実は前に行ったエコー検査で腸の異常があると知らされていたので、同じ場所を何度もカメラを往復させるため時間も掛ったようです。

2~3名に一人はガンになる世の中のため、家族の代表で大腸ガンであっても仕方ないと諦めておりましたが、検査技師から「何も異常はありませんよ。多分、以前の検査で宿便が映ったのかも知れません。」と言われ、うれしいやら痛いやら・・・

検査が終了しても腹に空気を入れたので「ポンポン」状態が続き、やっとの思いで車を運転し家に帰りのました。

帰宅して1時間後に大きなオナラが10数発出たら、ようやく正常に戻りました。

検査前の下剤の服用・検査・検査後の苦痛を考えると大変でしたが、大腸に異常がなかったことは大きな救いでした。


 

(腹腔鏡手術) 手術前検査③

 
これは、数日前に胆石除去のため腹腔鏡手術を行った記録です。

3回目の検査は大腸内視鏡検査で生まれて初めての検査でしたが、どの検査と比べても苦痛が最大でした。

まず、検査前夜の就寝前に「ラキソベロン」を200ccに薄めて飲みました。

翌朝から絶飲食で9時頃から「モビプレップ」を2リットルの水に薄め、透明な水便になるまで時間を区切って飲み続けることが大変でしたが、容量の8割を飲んだことになります。

何回も何回も排便が続き、ようやく出た「OKサイン」の水便も何回か出続き、正午ごろに止まったので入浴し、病院へ午後2時に間に合うよう家を出ました。

病院の売店で検査用パンツ(後方に検査穴がある)を購入し、受付を経て検査衣に着替え検査室の前で暫く待ちました。



 

(腹腔鏡手術) 多くの手術前検査②

 
数日後に2回目の検査がありました。

2回目の検査 肺機能検査
       胃内視鏡検査
       心電図検査
       心臓超音波検査
       エコー検査

胃内視鏡検査(胃カメラ)検査以外は簡単ですが、胃カメラは静脈麻酔でやって頂きましたが検査の朝からは絶食が必要でした。

この病院では定年後からは真性多血症を治療しておりますが、胃カメラは何回もお願いし麻酔注射の検査でカルテに記録してあるため、先方から「麻酔対応ですね」と声をかけて頂いております。

お蔭で苦しむことなく検査を受けることができ、胃の異常は認められませんでした。


私が退院した翌日に、俳優の渡瀬恒彦さんが「胆嚢がん」で亡くなられました。
渡瀬さんは、
「十津川警部シリーズ」
「おみやさんシリーズ」
「タクシードライバーの推理日誌シリーズ」
のテレビドラマ等の主演で、今も再放送や再々放送がテレビで流され、全て録画して観ております。
渡瀬さんの死で「昭和」が一つ消えとしまった感があります。



 

(腹腔鏡手術) 多くの手術前検査①

 
私は半世紀以上も前に虫垂炎の手術を受けたことがありますが、今回の腹腔鏡手術の入院は久しぶりでした。

以前の病院はJA系で地域のトップクラスの医療機関になりましたが、当時は木造建ての粗末な病院だったと記憶しています。

昔は、
「先生、右脇腹が痛いようです」
「そうか、盲腸ですな、手術しましょう」
といって事前の検査もなく腹を切られたものです。

今回は検査、検査で、首から下まで全て検査したことになり、{人間ドック}を受けたと同じことになります。

1回目の検査 血液検査
       CT検査
       MRI検査

血液検査は通常の確認の他にエイズ検査も行われ、これは保険適用外でした。

以前にMRI検査を受けた時は「コーン」「コーン」の音が心地よく眠ってしまいましたが、今回は腹と胸付近を圧迫されたため辛い検査になりました。


 

(腹腔鏡手術) 胆嚢・胆汁・胆石とは、

 
胆嚢摘出手術を受けましたが、胆嚢は肝臓で作られた胆汁という消化液を一時的に蓄え必要に応じ十二指腸へ送り出し、大きさは長さ10cm、幅4cmほどの臓器です。

胆嚢は大半の哺乳類には付いており、特に動物や大昔の人は常に食べられる状態でないと消化液も不足するため胆嚢が必要でしたが、現代人は日に三度の食事を摂るため、常に胆汁が出るので特に必要ではないようです。

胆石は胆汁中のビルビリンや、コレストロールが結晶となり固まったものが胆石で、胆嚢の中に作られます。

私の場合は10数年前の人間ドックで胆嚢ポリープか胆石が見つかり、一昨年には10mm程度に大きくなり、担当医(血液内科)のアドバイスもあり手術を受けることにしました。

状態はお腹が空くと右脇腹に軽い違和感がある程度でしたが、本格的な痛みになると我慢が出来ないほどの激痛に襲われるそうです。

今回は四泊五日の予定で、腹腔鏡手術で胆嚢摘出手術を受けました。


 

退院できました

 
胆嚢結石を腹腔鏡手術で胆嚢摘出を行い、昨日、予定通り退院できました。

簡単な手術といっても少しは腹を切るため、色々と苦しいこともありましたので、今後、ボチボチと報告をしたいと思います。



 

胆嚢摘出手術に行ってきます

 
御無沙汰しておりますが、今日から「四泊五日」で胆石を取るため、腹腔鏡で胆嚢摘出手術を受けてきます。

手術までに10種類ほどの苦しい検査を受けてきましたが、半世紀前に虫垂炎の手術の時と比べると、事前検査も入院時に署名が必要な書類も雲泥の差を感じます。

順調よく運べば13日には戻ってこれるはずですが、何れ胆石症について書きたいと思っています。

それでは、
 

お願い

 
いつもお世話になっております。

さて、都合により一週間前後「休業」させて頂きます。

したがって、皆様方へもお邪魔することができないため、よろしくお願いいたします。




 

待ち遠しかった「お水取り」

 
いつもの冬より今年は寒かったようですが、3月も中旬ともなれば桜の便りも聞かれるようになり、あと少しの辛抱です。

一般に、「暑さ寒さも彼岸まで」と言われておりますが、子供の頃に親が「お水取りが来れば寒さも和らぐ」と口にしておりました。

「お水取り」と「彼岸」の日は、そんなに違わないのに「お水取り」を待ちわびたのは、一日でも早く寒さから逃れたい気持ちが強かったのかも知れません。

私の故郷では「お雛祭り」は3月ではなく4月3日と記憶していますが、3月では春の実感がなく1ケ月伸ばして祝ったのでしょう。

因みに、飛騨地方も「雛祭り」は4月3日のようです。


 

平均年齢が延びる

 
3月1日に発表された日本人の2015年の平均寿命、次のように延びたそうです。

男性 80.75歳
女性 86.99歳


この平均寿命に届かず若くして亡くなる人もあるため、現在生きている人は発表された年齢より長生きしないと計算が合わないことになります。



 

米の配給手帳

 
私が所帯をもった頃は、米は配給の時代でした。

記憶では1~2年後には米は自由に購入できましたが、画像のような「通帳」は更新され続けました。

s-DSCF8512.jpg

この「通帳」は農林省が発行したものです。

何の因果か解りませんが、数十年も捨てずに持っていたことになります。


プロフィール

春駒

Author:春駒
リンクフリー






検索フォーム



ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。