今日の散歩路

RSS     Archives
 

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

≪R社-9≫社内の動揺

 
昭和63年(1988)に朝日新聞が最初に報じた「リクルート事件」は、その13年後に有罪判決があり、過熱気味の報道も終わりをみせたようです。

報道から数年間の報道は連日連夜に渡って行われ、当時、就職した新人も親から辞めるように説得された人もおり、又、営業マンの苦労も大変だったようです。

当時のリクルートは未公開会社で「社員持ち株会」がありましたが、会社が潰れる懸念で多数の人が株を手放しそうです。

私も帰郷すれば兄弟から状況を聞かれるし、友人に会えば説明を求められるため、一時的に「人間不信」になり休日には愛犬を連れ静かな公園に退避した記憶があります。

現在でも企業や政治の分野でも色々な問題がありますが、あれだけ長期に亘り騒がれた「事件」は無かったと思います。


スポンサーサイト
 

≪R社-8≫「リクルート事件」報道

 
「リクルート事件」は新聞やテレビで毎日に渡り報道されただけではなく、雑誌や単行本の出版も多く、メモによると私は次のような雑誌を購入しました。

リクルート疑惑(著者 室伏 哲郎)
リクルート事件に「終結」はない(久慈 力)
リクルート事件の全構図(高野 孟・歳川 隆雄)
リクルート疑惑の構造(佐高 信)
リクルート報道(朝日新聞報道局)

等を始め、私が購入した物は28冊でしたが、その数倍も発行されたはずで「リクルート」を付ければ売れたようです。

その後、「佐川事件」「証券損失補填事件」「ゼネコン汚職事件」など、大きな事件が明るみになりましたが、「リクルート事件」のような出版物は見られなかったようです。

その後、新聞社はリクルートが発行していた「住宅情報」「とらばーゆ」「ハウジング」等の広告を載せなくなったようです。

リクルートと新聞は広告扱いの競合会社のため、仕方ないことだったかも知れません。



 

≪R社-7≫「リクルート事件」の始まり

 
「リクルート事件」は昭和62年6月に川崎市の再開発に伴い、同市の助役に対して「コスモス株」を譲渡したという朝日新聞の報道から始まりました。

当時は「ニュースになっているな・・」の軽い気持ちでしたが、翌日からは新聞、テレビ、週刊誌で報道されましたが、常にトップニュースで伝えられました。

株を配った相手は政界、与野党幹部、高官、財界、学者、報道関係者に亘り未公開株を渡し、各自が1億円ぐらいの譲渡益を得たので「濡れ手に粟」とも揶揄されました。

問題の会社は、当時は「(株)リクルートコスモス」で主に関東や関西でマンション開発会を行い店頭公開されましたが、事件の終息後に大和ハウスへ譲渡されました。


 

≪R社-6≫社訓

 
私は『リクルート事件』を挟み20年間ほど在籍しましたが、特別な差別を感じることはありませんでした。

リクルートは、東大を始め国公立や有名私立大学の卒業者が多く、誰が、どの学校を卒業したかは入社時の広報誌で知らされる程度で、古い社員がどこの出身大学かは噂で耳に入る程度でした。

したがって、我々のような現業職も給与や賞与以外の格差は感じなかったのです。
また、失敗しても「減点」するのではなく、「加点主義」だったと思います。

当時の社訓は「自ら機会を創り出し、機会によって自らを変えよ」で、全員に次のようなプレートが配布され机に置いたものです。

v6010545[1]



 

≪R社-5≫社内論文

 
リクルートには通称「正月論文」があり、正月休みに書いて提出する制度があり、我々のような建物管理に従事する者も参加することが出来ました。

ある年の正月休みに仕事の改革らついて考えを仕上げ提出したら、何と、第二席になりましたが当年は第一席なしのため皆から事実上の一席と言われましたが、作品は大したないようではありませんでしたが、「君たちも頑張れ!!」の励ましと思いました。

当時の本社から歩いて15分の、有楽町にある「日本外国特派員協会」を借り、表彰式が行われたと記憶しております。
なお、この会場は時の人物が記者会見を行う場所でもあり、最近は話題の籠池氏の会見が行われました。

なお、表彰式では「表彰状」「副賞・置時計」「賞金10万円」を頂戴しました。

s-DSCF8821.jpg
論文集

s-DSCF8823.jpg
副賞
 

≪R社-4≫多い社内用語

 
どこの会社でも社内の共通語があると思われますが、次のようにリクルートは特別多かったような気がします。
当時の社内用語の一部を紹介します。

R社(リクルート)
RB(リクルートブック)
RSB(リクルート進学ブック)

T職(取締役)
A職(アルバイター)

G8(銀座8丁目ビル) ※現在も登記上の本社所在地?
G7(銀座7丁目ビル) ※某有名会社の危機により譲渡をうけた
Sビル(新橋ビル) ※私が入社した当時の本社ビル)

RC(リクルートコスモス) ※リクルート事件は、この会社の株式公開から
FF(ファーストファイナンス) ※一般には知られていないが、RC社の次にFF社の公開が予定されていた


 

≪R社-3≫「江副浩正」(えぞえひろまさ)と言う人

 
リクルートの創業者である江副さんは、後々の「リクルート事件」で執行猶予付き有罪判決を受け、今から4年前に76歳で生涯を終えられました。

社内で「江副社長」と呼ぶ人は皆無で、ほとんどの人は「江副さん」と呼び、他にも「○取締役」「○部長」「○課長」の呼び名は聞いたことがなく、全て「○○さん」と呼び合っておりました。
但し、部課長のことを「マネージャー」と呼んでいたような気がします。

江副さんを一言でいうなら「ちょっと内向的な何処にでも見かける普通のおじさん」の感じで、本社から地方に出かける際には誰も同行せず、我々と支社ビルで出会っても「こんにちは、」と、気楽に挨拶を交わす気さくな『社長』でした。

江副さんはリクルートの前身になった、東大新聞広告代理店である「大学新聞広告社」を設立されたのは、当時の「第3森ビルのペントハウス」(屋上の倉庫)だったと思います。

外見は普通の人でも、「発想力」は並外れた持ち主だったのかも知れませんし、一度も雇用されたことはなく、「雇用」に関する起業者なったという面白い取り合わせの人物かも知れません。


 

≪R社≫不純な動機で入社

 
リクルート社には多くの社内用語があり、自分の会社を「R社」と呼んでおりました。


「R社」への入社前までは、比較的大手のビル管理会社で働いておりましたが、将来的は「自社ビル」の管理業務に就きたい希望を抱いておりました。

ある日の新聞募集広告で、「リクルートビル管理社員募集」の小さな記事を見つけましたが、聞いたことも無い社名で当時はマルチ商法が流行っていた時代だったので、同系統の会社と思いながら履歴書を送って見ました。

その後、面接の通知があったので出かけて見ると、今まで触れた事のないような会社の匂いを感じながら、採用通知を受け新築された支社ビルで働くことになりました。

しかし、入社しても何の会社か要領が得ず、「広告を扱い会社」に馴染むまでには相当の時間が必要でした。

なお、入社当時の社名は「日本リクルートセンター」で、リクルート事件の4年前の1984年に「リクルート」に社名変更されました。


 

≪R社≫このシリーズの始めに

 

最近は体調が思わしくなく何時まで続くか解りませんが、新しいシリーズを始めます。

実は私は色々な職業を転々とし、40歳頃から定年まで「リクルート」に在籍しましたが、学歴も頭脳もなく会社の本流ではなく、支社ビルの管理部門の仕事に就いておりました。

在社中の思い出は、何と言っても日本中を騒がせた、あの「リクルート事件」を味わったことで、マスコミで伝えられた内容と違う角度からの伝えることが出来れば幸いです。

現在の会社は社名を変更し上場の企業となりましたが、私にとって「リクルート」と各社員は人生に大きな影響を与えてくれました。

すでに随分前のことのため、何処まで書けるか自信はありませんが、頑張って進めますのでお付き合いして頂ければ幸いですが、順序はランダムに進めることをご承知願います。


 

梅雨明けは?

 
以前は、エアコンを凡その温湿度を設定すれば身体の方が順応したものです。

しかし、最近は温湿度を細かく設定しないと、快適に感じられなくなりました。

好まれる温湿度も、その時の体調により異なるため、都度、設定を変えることになります。

湿度は、どの住まいでも大きな変わりはなく、個人的には55%ぐらいに保つのが快適に感じられます。

今年のように気温も湿度も高い日が続くと辛く、梅雨明けが待ち遠しい今日この頃です。

 

自然災害の恐怖

 
九州や山陰地方で、大きな災害が発生しているようです。

近年は『大雨特別警報』が発令されるようになり京都、広島、三重での豪雨被害が記憶に残っております。

私も、1954年に発生した『伊勢湾台風』を経験したことがあります。
5,000人ほど亡くなり最大規模の台風でしたが、住んでいた所は夜中に強風が吹き、翌日の昼ごろに切れた堤防から溢れた水が溜まり、床上浸水が1ケ月も続いたと記憶しています。

地域は犠牲者が出るような被害では無かったものの、自然の恐ろしさを感じたものです。

その後、家庭を持っても頭から離れない事は水害の恐怖でした。

今から十数年まえに、戸建て住宅からマンションに引っ越しましたが、台風時も大雨になっても過度な心配は不要になりました。

また、山・がけ崩れの懸念はありませんが、災害により長期間の停電・断水や、地域が浸水すれば生活に大きな支障を覚悟しないといけません。


 

電話営業

 
最近、営業目的の不快な電話が多く掛ってきました。

まず、光コラボ関係の営業で着信番号をネット検索すると、迷惑がられている会社のようでした。

同じ日に、証券会社からの電話で、即刻、切りました。

その翌日には、スーパー関係のカード関係の会社からで、真面目に聴いているとカード会社が行っている生命保険の営業だったので、これも即刻、切りました。

昔は各戸を訪問しパンフレットを持参して顔が見える営業でしたが、現在は電話を使う営業で100戸に電話して1戸でも成功すれば、昔のような訪問営業より効率が良いのでしょう。


 

名字のルーツ

 
国営放送も型に嵌ったような番組ではなく、近年は民放のような柔らかい番組が多くなり、「日本人のおなまえっ!」などは、昔なら教育番組で取り上げた内容を、バラエー化し面白い放送になっているようです。

確か20年か30年前に「ルーツブーム」があり、私も先祖を調べたことがありますが、明治以後は役所の戸籍で解っても、それ以前の先祖を知るために檀家寺に資料が残っていることを知り、実家の近くに住んでいる姉に調査を依頼しました。

その結果、私の曽祖は長男ではなかったので、数キロ離れた先の薬師(今の町医者)先に奉公に出されたようです。

明治政府により一般にも名字が認められるようになり、曽祖父の実家は「石田」を名乗りましたが、曽祖父は奉公先に合わせ「○○」にしたそうです。

「○○」の名字は決して珍しい名字ではありませんが、村でも曽祖父の奉公先と、元庄屋と、あと一軒が50m間隔に昔から有り、三軒は親戚ではなく昔は資産家のようでした。

ネット検索しても全国で「○○」の名字の人は700名前後で、20~30名ぐらいが幾つかの県に住んで見えるようですが、それ以上の名字のルーツの事は解りませんでした。


 

100円ショツプの靴下

 
来襲からは気温も上がり、「つゆ明け状態」になるとか、

それでも梅雨時の干しには困るため、100円シヨップで『部屋干し対応・靴下』を買ってみました。

s-DSCF8813.jpg

履き心地も悪くなく、デザインや色を気にしない者にとっては幸いです。

あとは、丈夫さだけの問題で、1年も使えれば合格でしょう。



プロフィール

春駒

Author:春駒
リンクフリー






検索フォーム



ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。