今日の散歩路

RSS     Archives
 

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

≪R社-7≫「リクルート事件」の始まり

 
「リクルート事件」は昭和62年6月に川崎市の再開発に伴い、同市の助役に対して「コスモス株」を譲渡したという朝日新聞の報道から始まりました。

当時は「ニュースになっているな・・」の軽い気持ちでしたが、翌日からは新聞、テレビ、週刊誌で報道されましたが、常にトップニュースで伝えられました。

株を配った相手は政界、与野党幹部、高官、財界、学者、報道関係者に亘り未公開株を渡し、各自が1億円ぐらいの譲渡益を得たので「濡れ手に粟」とも揶揄されました。

問題の会社は、当時は「(株)リクルートコスモス」で主に関東や関西でマンション開発会を行い店頭公開されましたが、事件の終息後に大和ハウスへ譲渡されました。


スポンサーサイト

Comment

こんばんは。

これがあの有名な事件の幕開けなのですね。
私達のように外側から見るのと違い、
中の人はどう感じていたのでしょう。
興味深いです。(^_^)

2017.07.24 | 理事長の妻[URL] | Edit

妻さん

おはようございます。
裏側の情報はたくさんあり、徐々に出して行きたいと思います。

2017.07.25 | 春駒[URL] | Edit

    
プロフィール

春駒

Author:春駒
リンクフリー






検索フォーム



ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。